聖隷クリストファー大学 教員情報   
     


  フルカワ カズトシ
  古川 和稔   社会福祉学部 介護福祉学科   教授
■ 標題
  介護職員の現状(第1報)感情労働がバーンアウトに与える影響
■ 概要
  本研究の目的は、感情労働尺度を用いて介護職員の感情労働概念の構造を検討するとともに、感情労働がバーンアウトに与える影響について検討することである。現職介護職員594名を対象に質問紙調査を実施し565名から回答を得た。その結果、先行研究とは因子内項目が異なる4因子構造が示された。バーンアウトを目的変数とした重回帰分析の結果、第1因子“利用者理解のための心配り”は負の関連を示し、防御的に作用すると考えられた。第2因子“表層演技と負の感情認識”は正の関連を示したことから、離職防止の観点で職場マネジメントを考慮するうえで重要な要因と考えられた。第3因子“ポジティブな感情表出と負の感情コントロール”は弱い正の関連を示し、第4因子“ネガティブな感情表出”は有意な関連を示さなかった。本研究の結果から、感情労働概念は、介護職員のバーンアウト軽減策を検討するうえで有用な概念だと考えられる。
  ◎古川和稔,井上善行,小平めぐみ,野村晴美,藤尾祐子
  共著   自立支援介護学7   7(2),114-121頁   2014/04